ベルガント発声法とは

ベルガント発声法とは

スポンサードリンク

ベルカント発声とは、難しい曲を簡単に歌っているように聴かせる方法と言えます。
表現としてあっさりとしていることですが、ベルカント発声が生まれた1800年代のオペラは、力強いメロディーと高音が続く技術的にも大変なものでした。

 

それを聴く側としては、穏やかに安易に歌っているよう受け止めることができる、そんな表現できる発声なのです。
現在に至るまでもベルカント発声法は健在です。

 

19正規のヨーロッパでは、ベルカント発声を元にした劇的変化のある音色が求められるようになり、オペラ内容も激情なものが多くなっていったのです。

 

ベルカントの意味は、美しく歌うというイタリア語になっています。

 

これを体得するのには、身体のエネルギーで力を込めての発声ではなく、バランスを第一に考えた声の出し方になります。

 

イタリアで生まれたベルカント発声は、身体の小さな日本人にも適した発声法だと言われています。

 

身体は小さくても、遠くまで響く発声法は、ヨーロッパ地域の体格の大きい人種に負けることなく、力強い発声させることに成功しました。

 

腹式呼吸はもちろんですが、横隔膜を使って、息を吐きながら声を出す。
これが、ベルカント発声になります。

 

腹式呼吸の極意というべき発声法を身につけることで、ベルカント発声は完成します。

 

母音と同じ音色、同じポジションを守りつつ、歌うように発声をすることで、身体のバランスで歌う、これがベルカント発声と言えます。
まさに日本人向きの発声法と言えます。

ベルガント発声法とはについての情報

スポンサードリンク