正しい発声練習の方法

正しい発声練習の方法

スポンサードリンク

正しい発声練習方法は、まずはストレッチから始めてください。
もちろん全身です。
特に顔のストレッチは重要で、顔のあらゆる筋肉を動かし、リラックスさせることが目的です。

 

そして、発声をするときの姿勢ですが、もちろんまっすぐで良い姿勢を保ってください。
力がはいるのは下半身で、上半身は腑抜けの状態。
完全に脱力した上半身で、壁に沿った背筋であることが基本になります。

 

そして、いよいよ声を出す事になりますが、基本の腹式呼吸は身についていますか?
空気をお腹に入れて、肩は動かさない。
これができていないと、正しい発声はできないとまで言われています。
空気を吸った時に、お腹が膨らむことを確認してみてください。

 

いきなりの発声ではなく、まずはブレスの練習を。
一定の長さで声を出し、息を練習をしてみてください。
この時にしっかりお腹に空気がはいることを確認。

 

その後はくちびると舌を震わす練習。
リラックス効果も兼ねたもので、スムーズな音が出るようになります。

 

楽譜には、音を流すレガートと一つ一つの音を切るスタッカートがありますが、その音の出し方をやってみましょう。
流す音と切る音を低いところから、徐々に高くしていきます。
その後は、下げていきます。

 

そのときの音の出し方をきちんとしたものにするため、流す切る音を確認しながら行ってみてください。

 

これらが最初に行なう正しい発声練習の方法になります。
まずは、体力、筋力とリラックスが重要になるということです。

正しい発声練習の方法についての情報

スポンサードリンク