滑舌を良くする発声方法

滑舌を良くする発声方法

スポンサードリンク

発声の練習をする上で、滑舌をなめらかにする方法もあります。

 

発声と言うよりは、発音の段階の練習になりますが、一音一音にきちんと意識をして、声を出すことが基本になります。

 

最初に、同じ音を何度も発声してみてください。
その中で、自分が苦手としている音がわかります。
苦手な子音が分かりますが、それに伴う母音もチェック。

 

その後に、50音を練習してみてください。
これは滑舌に必要な筋肉を鍛えることになります。
簡単な歌で、まんべんなく音が入っているものを歌うことも良いですが、このときには、一つ一つの音を確実に出すと共に、舌をうまく動かすコツを習得してみてください。

 

滑舌を鍛える為には、早口言葉がオススメです。
よくある早口言葉を言えるようになるまで、とことん発声をしてみます。
この時に口の動きにも意識をして、滑舌をとことん鍛えることができます。

 

発声で、声をきれいに出すことができても、滑舌が悪いことで、歌などの滑舌もキレイさを欠けることになります。
それでは、折角の発声法を練習してももったいないことです。

 

滑舌をよくするためには、正しい腹式呼吸と表情筋、呼吸のコントロール、息の瞬発力などが決め手となります。

 

と同時に、発声で行なう高音から低音までの音域を自由に出すとともに、滑舌を意識をしてトレーニングを行なうことで、滑舌の改善と同時に声の出し方もスムーズになると言われています。

 

すべては発声の基本をマスターしたうえで、滑舌克服をすることがポイントとされています。

滑舌を良くする発声方法についての情報

スポンサードリンク