発声で共鳴が起きる

発声で共鳴が起きる

スポンサードリンク

発声と共鳴は切っても切れない関係にあります。
共鳴のない声は、通らない声を意味します。

 

通らない声は、ぼそぼそとした声、空気がスカスカと漏れる声、大きい声だけどうるさいだけ音のことを言います。

 

例えば、ただがむしゃらに叫ぶ声は、大声ですが、うるさい声にしかならず、いずれは喉を傷めることになり、しわがれた声となってしまいます。

 

ところが、発声練習で、共鳴することを身につけることで、出した声を増幅させて、小さくても通る声が完成するのです。

 

発声法での通る声、共鳴をするには、口元だけでの声のだし方ではなく、声を上向きに出す事になります。

 

要するに、顔をあげることで、鼻腔を使って声を共鳴させることになります。
この時に注意したいのが、鼻声ではないということ。

 

口の中で天井に向けて声を出す、上の前歯に声が当たる感じを掴んでください。
その感覚が、共鳴の基本になります。

 

それで発声ができるように、練習を重ねていきます。
そのとき、当然口の上に声を反響させることになりますから、鼻腔での共鳴で、きれいに音が出ます。

 

これは自分で感覚を掴まなければわからないことですから、共鳴とは?ということを十分に意識して、発声をします。

 

歌うように声を出せるようになれば、見事な共鳴を獲得ということになりますが、これは歌う時の感覚で声を出すことができるということで、ミュージカルのセリフのようになるのではありません。

 

共鳴は発声の基礎になり、通る声が完成できるかどうかの大切な練習になります。

発声で共鳴が起きるについての情報

スポンサードリンク