倍音が響く発声

倍音が響く発声

スポンサードリンク

発声の勉強して行く上で、必ず知らなくてはならないことに倍音があります。

 

倍音とは、一つの音に反響するかすかに聞こえる音になります。
この倍音によって、その人の声の音色が決まると言われています。

 

楽器で言うならば、シンバルが代表的でしょう。
じゃーんと鳴らした時に、一つの音ではなく、たくさんの音が反響をします。

 

発声の上でも、一つの音(基音)を声に出した時に、そのときに反響する音があればあるほど、響きが変わってきます。

 

発声の練習をすることで、声に倍音を響かせることができます。

 

一つは、体内で基音を共鳴させることで、その場所は胸と喉と鼻腔です。
胸は低い倍音を、喉や口での倍音は、中から高い音を共鳴させることができます。
口を正して開いて、喉を上下に開くことで、咽喉腔に共鳴させます。
鼻腔は高い倍音を出せますが、鼻声とは違います。

 

要するに、発声をした時に、声が出る喉、口、鼻をうまく開かせることができることで、その人の倍音が何処からのものがよく共鳴できるかによって、美しい倍音を出すことができます。

 

そして、一ヶ所だけの音を強調するのではなく、3つの場所からのバランスが肝心。
これをきちんと練習しないと、硬い音、キンキン声、詰まった音になってしまいます。

 

何度も自分の声を、ベストの発声で行なうことで、自分なりの倍音は、自ら知ることができるようになります。

 

人によって、そのバランスは変わってきます。
これを知るための練習。
それがわかれば、あの人の声、が出来上がることになります。

倍音が響く発声についての情報

スポンサードリンク