高音を出したいときの発声法

高音を出したいときの発声方法

スポンサードリンク

きれいな高音を出すための発声法。
基本は腹式呼吸です。
喉に負担をかけないことが大原則で、いきなりの高音は禁物。

 

まずは、低音から少しずつ音をあげて発声をしていきましょう。
そのとき、姿勢ですが、少し腰を落とし、下半身は力を入れてください。
上半身はあくまでもリラックス。

 

声のだし方としては、遠くに声を届ける感じで、発声をしてみてください。
息継ぎは、少しオーバーでもたっぷりと行うことです。
こう言うと、初心者は全身に力が入ってしまい、声が出なくなります。
何度も練習をして、体に力が入らないことを確認して下さい。

 

低音からの高音へのアプローチが、だんだんと楽にできるようになってきます。
多分そのときには、リラックス体勢のまま、ふっと声を出すことができたと実感できる時です。
そのときまでの練習が大切でしょう。

 

高音が出るようになってくると、喉の当たりの振動部分が変わってくるのがわかります。
高音の場合、頭からの声と表現される方もいらっしゃいますが、まさに共鳴するポイントが徐々に上に行くことが実感できます。

 

実はそのときこそ、自分で高音を出していることに成功している証拠です。
喉は正直つらいと思いますが、高音に関しては、それでOK。

 

楽になりたけれど、喉を開くことで、少しでも空気の通り道を大きくすることで、きれいな高音を獲得することができます。

 

とは言え、喉を守りつつ、高音を出すには、低音から始めて、リラックスした体から発せられるということを理解してください。

高音を出したいときの発声法についての情報

スポンサードリンク