正しい発声の仕方

正しい発声の仕方

スポンサードリンク

正しい発声の仕方でよく言われるのが、喉を開くということ。
喉を開く、喉の奥を開けなさいと言われることが多いですが、これがなかなか難しいとされています。

 

その喉を開くことは、理屈ではわかっていても、物理上では、なかなかできないのも無理はないでしょう。
そこで、具体的な喉を開く方法として、まず喉仏を指で軽くつまみます。
軽く行なうことで声を出してみます。

 

これに慣れてくることで、感覚的に喉が開くこがわかると言われています。

 

正しい発声というと、単に腹式呼吸の声というのではなく、喉を開いて声の通り道を作ることが大きくて、息がつづく美声を出せるようになると言われています。

 

普段の生活で言うと、大きなあくびをした時、これが喉を開いている状態です。
何かの拍子で、あくびと共に声を出した時に、これをマスターしたという方もいらっしゃいます。

 

その前の段階の腹式呼吸の確立と方に力を入れない発声。
そのときには喉の力も抜いてください。

 

コツとしては、ため息。
それも腹式呼吸でのため息を考えてみてください。

 

そして、できるようになったら、声を出して行なうことで、発声の基礎を体に植え付けます。

 

そうしてから、いよいよ喉を開くことに挑戦をしてみてください。
本当にこの感覚がわかると、自分でも信じられないほどの力強い声と響く声を出せるようになります。

 

歌のためだけではなく、しゃべる時にもとても役立つ発声法。
きちんと身につけることで、自分のものすることができます。

正しい発声の仕方についての情報

スポンサードリンク