デスボイスの発声

デスボイスの発声

スポンサードリンク

デスボイス発声は、いたずらに行なうことで、確実に喉を痛めると言われています。
低音で唸るように出す発声は迫力のある声が魅力です。

 

デスボイスの発声の出し方のコツとして、ハミングを使ったものが良いとされています。

 

ハミングと言うと、鼻歌で少し高音で行ないたいものですが、今はデスボイスの発声。
ハミングも大きな低い声で行います。
例えるのなら、何か重たいものを持ち上げる時に出るあの声です。

 

そのとき、喉に注目をしてみてください。
喉仏が、震えると思います。これは大きなポイントになります。

 

ハミングを単に鼻歌だけで終わらずに、口をあけて、同じように声を出していきます。
これが、デスボイスの基本形と言っても良いでしょう。

 

慣れてきたら、声量も上げて、振動を大きくしてみてください。
これで、デスボイスの完成ということになります。
うーあーという声が、唸り声のように迫力があればOKです。

 

この応用編として、デスボイスの発声をきっかけにして、高さや音量を調節して、言葉をのせていくことで、独自のデスボイスになります。

 

発声の基本である腹式呼吸と喉を開くことをきちんと意識することはもちろんですが、デスボイスの発声はどうしても喉に多大な負担をかけてしまうのは必須です。

 

ですから、積極的なデスボイスの練習となると、喉の調子を考えつつ行ってみてください。
喉を痛めては、折角の発声も台なしになってしまいます。

 

短時間で、喉に違和感を感じたら、すぐにストップという勇気も必要でしょう。

デスボイスの発声についての情報

スポンサードリンク