腹式呼吸による発声

腹式呼吸による発声

スポンサードリンク

発声法を学ぶときに、呼吸について知ることが必要です。

 

正しい発声を身につけるためには、腹式呼吸をしなければなりません。
腹式呼吸とは、お腹に空気を入れることですが、普段私達が行っているのは、主に胸式呼吸です。

 

胸式呼吸は胸に空気を入れることで、大きく呼吸をすると肩が上がるのが特徴です。
しかし、腹式呼吸の場合は、肩も胸の膨らむことなく、お腹だけが膨らむことになります。
歌手の方も、うちの途中でブレスをするときに、いちいち肩は上がることはありません。
あれは、腹式呼吸の発声法を身につけているからです。

 

腹式呼吸はたくさんの空気が入りますから、大きな声を出す、長い時間声を出すときには必須の事になりますし、何と言っても、声が安定します。

 

発声をしようという方は、この腹式呼吸をマスターしてください。

 

普段、私達が腹式呼吸をしているのは寝ている時です。
横になって、呼吸をすると、吸った時にお腹が膨らみます。
その感じを、起きた時にも行なうのです。

 

慣れてきたら、普通にお腹を自由に膨らます腹式呼吸をすることができます。
練習をすると、それほど長い時間かけずにできますし、自由に胸式呼吸との切り替えも可能になります。

 

まずは、ご自分で、横になって腹式呼吸の練習をしてみてください。
発声を行なうには、この腹式呼吸が基本になります。

 

空気をしっかり吸ってしっかり吐くことを腹式呼吸をすることで、体が覚えてくれるようになります。
ここからスタートです。

腹式呼吸による発声についての情報

スポンサードリンク